• Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Facebook Social Icon

大町の家

駐車場と2階にバルコニーを確保する為、斜めの壁が出来上がりました。
1・2階は直接隣地側、道路側に大きな開口を設けていません。3階は4周に繋がる窓で、視界が広がります。
北東外観
南東外観
玄関
1階廊下・・・斜めの壁の上部からリビングを介し、間接の光が届きます。
LDK・・・腰下の開口で1階と、腰上の開口でバルコニーと空間は繋がります。
LDK・・・正面壁はTV、オーディオ類の棚です。左端はDJブース。
キッチンはオーダーの製作品です。
3階から海を見ることが出来ます。
LDK夜景

洗面・脱衣室と浴室

外観夜景

 
concept
 敷地は南に緩い傾斜のある、神戸らしい住宅地の一角にあります。クライアントは周辺との相互のプライバシーを特に気にされた為、大きな開口を周囲に直接開く事は避けた計画です。LDKの大開口はバルコニーの壁が3階まで上がり、道路から伺う事は出来ません。

 外観の特徴となっている斜めの壁は、1階部分で駐車場、2階部分でバルコニーを確保し、2階から光を1階にもたらします。

 3階は子供部屋が2室あり、1・2階と異なり四方に横長の窓が連続する開放的な空間です。

 開口の有り方に変化を持たせ、各階に特徴のある空間が出来上がっています。

 

 

 

data 
・所在地:神戸市
・用途:住宅
・設計、監理期間:2012年4月~2013年3月
・規模、構造:
 ①延べ面積:105.08㎡
 ②木造3階建て

・担当:川添純一郎建築設計事務所 植村 卓也
・構造設計:正木建築設計事務所
・設備設計:サンキエンジニアリングサービス㈱
・施工:㈱中村建設
photo:Stirling Elmendorf

KAWAZOE ARCHITECTS​

​川添純一郎建築設計事務所