• Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Facebook Social Icon

GLENBARRA ART MUSEUM

外壁面・・・窓は無く、ガラスブロックのスリットが見えます。
変形した敷地の形状を活かしデザインしています。
スリットが、各床のレベルにあります。
エントランスへは庭のアプローチを通ります。
エントランスホール
エントランスホール
エントランスホール・・・事務室の横を通り、展示空間に入ります。
吹抜けを中心に展示空間が連続します。
らせん状に続く展示空間から切り離された展示空間です。
中2階の展示空間
中2階の展示空間
​中2階の展示空間
​2階の展示空間・・・吹抜けが奥に見えてきます。
2階の展示空間・・・吹抜けを中心に回遊します。
半地下の展示空間
半地下の展示空間
1階、中2階、半地下の空間構成
外壁コーナーのディテール
 
concept
 敷地は姫路市の郊外にあり、建築主の住宅に隣接しています。
当初より、収蔵された絵画を生活の中で楽しむための美術館が、コンセプトの中心にありました。
当美術館は一般に公開されるためのものではありません。建築主とその家族、建築主の知人、バイヤーなど、
少人数のみのために用意された美術館です。
 建物は交差点に面するL型の変形地の特徴を活かし計画しています。
外観はその用途から窓は見えず、水平のスリットがいくつかあります。室内の床面にガラスブロックを設け、
床からの反射光を室内に入れています。
展示の照明が上から照射されるため、照度の分布を日中均一化する目的があります。
 展示される絵画はインドのモダンアートのみです。
室内は、らせん状の展示空間としています。スパイラル状に、1階、中2階、2階へと空間を移動しながら展示
を見る事が出来ます。

data 
・所在地:兵庫県姫路市
・用途:住宅
・設計、監理期間:2016年12月~2019年5月
・規模、構造:
 ①延べ面積:795.82㎡
 ②鉄骨造2階建て

・担当:川添純一郎建築設計事務所 植村 卓也
・構造設計:ルート構造設計事務所
・設備設計:㈱山崎設備設計
・照明設計:㈱ヤマギワ
・施工:㈱北村工務店
photo:Stirling Elmendor

KAWAZOE ARCHITECTS​

​川添純一郎建築設計事務所