• Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Facebook Social Icon

丸亀の家

南西に面して広い縁側があります。
リビング、各個室がデッキに面し、室内の空間を外部につなげています。
玄関・・・深い庇が掛かっています。
玄関と土間収納・・・玄関の土間から奥の土間収納を通り、玄関の床へと戻ることが出来ます。土間収納には、犬の洗い場、収納棚などがあります。
リビング・ダイニング・・・南西面に向けて大きな開口を設けています。
ダイニングの壁はタイル貼りです。その上部にトップサイドライトのスリットの窓を設け、光を取り込んでいます。隣家が近く、視界に入らない位置に窓を設けました。部屋の突き当りになる奥の壁に、他と違う素材を使用し、光を取り込むことで空間の奥行き感を与えるものと考えます。
リビングとダイニングは、南に掃出しの窓、北に高窓を設け、空間の両端に光と風の抜けを作り出しています。
高窓からスリットの光が落ちてきます。時間と共にそのラインは変化し、時の移ろいを感じます。
家の中心付近にホールがあります。この空間を通り各室に至ることができます。ホールは他の空間と雰囲気を変えています。天井が高く、ラワンの壁に囲まれています。壁に窓が無く、トップライトからの採光です。他の空間と雰囲気を変えたデザインです。その為、各室への移動の際、空間に変化を感じます。変化が家の内部に奥行き感を生み出すものと考えます。
寝室・・・ヘッドボード側の壁はタイル、その上部に間接照明を設けています。
スタディルーム・・・長いデスクがあり、並んで使うことが出来ます。奥に低い格子がありその向こうが、ペットのいる場所となります。
洗面台は人工大理石一体型のものです。床は浴室から連続する十和田石としています。
浴室の床と壁は十和田石としています。
リビング・ダイニング夜景・・・温かみのある照明計画としています。
外観夜景
外観夜景
 
concept
敷地は住宅地の奥まった位置にあります。
平屋の建築で、勾配の緩いフラットな1枚の屋根がかかっています。
南面に対し15m続く掃き出し窓があります。
その面にデッキがあり、内部から連続する半外部空間としています。
建物の中心には天井の高いホールがあり、各室への動線上の接点としています。
ホールはラワン合板の壁仕上げ、トップライトからの採光など、他の空間と異なるデザインです。各室への移動の際、一旦違う空間に入るため、家の中の移動の際、空間に変化を感じます。変化は家の内部に奥行き感を生み出します。
玄関の土間収納部分にペットの犬用の洗い場、室内に同じく犬用のスペースを設けるなど、大型犬の為の配慮を行っています。

data 
・所在地:香川県丸亀市
・用途:住宅
・設計、監理期間:2017年12月~2018年12月
・規模、構造:
 ①延べ面積:148.65㎡
 ②木造平屋建て

・担当:川添純一郎建築設計事務所 植村 卓也
・構造設計:ルート構造設計事務所
・施工:建築屋(株)
photo:冨田英次

KAWAZOE ARCHITECTS​

​川添純一郎建築設計事務所