• Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Facebook Social Icon

芦屋の家

外観はシンプルな切妻屋根の形状です。リビング、バルコニーの大窓は、左の凹みの部分の奥にあり、外から直接見ることができません。
外壁は左官のコテ斑があるテクスチャとしています。
敷地と前面道路に地盤のレベル差があり、緩いスロープで玄関にアプローチします。
玄関に入ると、正面に中庭が見えます。
中庭と玄関の床の高さを揃え、視覚的に空間が連続していきます。その視線の中心にシンボルツリーが植えられています。
LDKは一つの空間です。その中心に階段ホールがあり、空間を緩やかに分割しながらもつないでいます。右手の奥にスタディスペースがあります。
スタディスペースから、台所へと空間はつながっています。ここでも空間を分けつつ、連続させています。
ダイニングは掃き出しの窓から中庭へ出ることができます。
隣家と敷地のレベル差があり、その差を解消する擁壁を壁に見立て、中庭としています。
​キッチンは製作したオリジナルの物です。
リビングには小窓と掃き出し窓を設けています。小窓からアプローチの庭を見下ろします。掃き出しの窓は直接敷地の外に向けず、間接的に光と風を取り込みます。隣家からのプライバシーを守り、落ち着いた空間としています。
リビングから階段ホールを通して台所を見ることができます。階段はスケルトンとし、視界の抜けを確保しています。
リビングに面する小さな中庭です。
家の中心に階段ホールがあります。このホールをコアとして、空間を分け、あるいはつなぐ事を意図しています。
​ホールに面して小窓があり、向こうの空間の様子をうかがうことができます。
階段ホールの天井は、屋根形状を活かした勾配天井としています。
1階のWC
中庭から見たダイニングの夜景
外観夜景
concept
 
敷地は比較的密集した古い住宅地内にあり、周辺を住宅に囲まれています。また街区の地形に傾斜があり、周辺の隣地と大きく地盤面の高さが異なります。
建物は切妻のシンプルな形です。
近隣との相互のプライバシーを考慮し、窓と庭を計画しています。東の隣地との段差は2階の床の高さほどあります。その段差を解消する擁壁を壁に見立て、ダイニングから見た時の中庭としています。リビングでは直接、道路側や隣地側に窓を設けず、建物の角に設けた小さな中庭を介して、掃き出しの窓を設けています。
 室内では、階段を中心に回遊するプランとしています。動線に変化が生まれ、コンパクトな規模の住宅であっても内部空間に奥行きを感じます。 

data 
・所在地:兵庫県芦屋市
・用途:住宅
・設計、監理期間:2017年2月~2018年6月
・規模、構造:
 ①延べ面積:94.71㎡
 ②木造2階建て

・担当:川添純一郎建築設計事務所
・構造設計:ルート構造設計事務所
・施工:㈲ビームスコンストラクション
photo:冨田英次

KAWAZOE ARCHITECTS​

​川添純一郎建築設計事務所