• Instagram Social Icon
  • Pinterest Social Icon
  • Facebook Social Icon

中庭の家

西外観・・・周辺環境に配慮し、南棟と北棟の切妻の屋根が連なるようデザインしています。
周辺には田園が広がり視界を遮る物は少ない環境です。プライバシーを確保する中庭を、二つの棟の間に設けています。
玄関・・・地窓から中庭を見ることが出来ます。
渡り廊下・・・南の棟から北の棟へは渡り廊下で接続しています。
中庭・・・南棟と北棟の間に、デッキの中庭があり、リビングに繋がります。
リビング・・・右に中庭、奥にダイニングと空間が繋がります。
リビング吹き抜け・・・リビング吹き抜けの木製の縦格子で、上下階のつながりが強調されます。
リビング吹き抜け
階段・・・リビングとダイニングの間に階段があります。それぞれの空間は、木製の縦格子で繋がりながらも分断されます。
吹き抜けの洗面台・・・強化ガラスの天板と腰壁です。
書斎・・・寝室に併設されたプライベートな空間です。
中庭夜景
 
concept
敷地は神戸市北区・郊外の市街化調整区域内にある。
近くに小山の連なりが見え、古くからの集落の一角に位置している。
設計の当初、クライアントからの要望に、「集落の中の家並みを大きく崩さない」と言った事があった。また、周辺には田園が広がり、視界を遮る物は少なく、近隣からのプライバシー確保も望まれた。
外観は2つの棟が並行に配置され、その間を渡り廊下と中庭が繋ぐ構成。南側の棟を平屋として高さを抑え、北側の棟の1階に太陽光をもたらす。中庭は道路からの打ち放し塀と、木製格子で視線をカットし、落ち着きの有る外部空間を計画した。建物には2つの中庭がある。リビングに開かれた中庭と、台所、水周りに繋がる中庭で、それぞれ内部空間に視覚的・機能的に広がりを与えている。
建築の色彩は黒をベースにしている。外部は外壁や中庭のウッドデッキ、内部は外部に面する壁は黒としている。それ以外の内部の間仕切壁は白とし、外部に使用する黒の色を強調し、建物の構成を視覚的に明快にした。
また、2階の切妻屋根は外壁の上に板状に置かれただけの軽い印象である。屋根の妻側に出来る三角形の壁を、ガラスとした。その形が内部にも連続し、内部空間に伸びやかさを与えている。
data 
・所在地:神戸市北区
・用途:住宅
・設計、監理期間:2007年5月~2008年9月
・規模、構造:
 ①延べ面積:140.12㎡
 ②木造2階建て

・担当:小笠原有希子
・構造設計:正木建築設計事務所
・設備設計:住環境設計室
・施工:㈱ダハイム
photo:玉森潤一

KAWAZOE ARCHITECTS​

​川添純一郎建築設計事務所