新在家の家

手前に平屋の棟があり、その向こうに中庭、2階建ての棟があります。
​中庭と2階建ての棟の、道路からのプライバシーを守っています。

新在家の家_001.jpg

玄関に入ると正面に中庭が見えます。壁と床天井一杯の窓で、視界が中庭に広がります。
中庭の向こうにはリビングがあります。

新在家の家_004.jpg

平屋と2階建ての2つの棟があり、中庭を挟んで配置しています。2つの棟は渡り廊下でつながっています。平面図で見るとH型の形です。
渡り廊下は中庭を2つに分かち、それぞれ趣の異なる外部空間としています。

新在家の家_005.jpg

平屋と2階建ての棟は中庭を通る渡り廊下でつながっています。
 

新在家の家_006.jpg

渡り廊下を抜けるとリビング・ダイニングにでます。渡り廊下の少しタイトな空間を通るため、空間に広がりを感じます。
​ダイニングテーブルの奥にスタディルームがあります。小窓でダイニングの空間ともつながりつつ、籠る事のできる空間です。

新在家の家_007.jpg

スタディルーム・・・家族で使う空間です。

新在家の家_014.jpg

スタディルームとダイニングの間に小窓があり、それぞれの空間の様子をうかがい知ることができます。

新在家の家_015.jpg

リビングに面する南の掃き出し窓は、中庭に面しプライバシーが守られています。
リビングからスケルトンの階段で2階に上がります。
北西の一番角にあり、窓を開けると近隣の住宅が迫っているため、上部にトップライトを設けて1階まで光を下ろしています。階段ホールはライトウェルでもあります。

新在家の家_008.jpg

LDK

新在家の家_010.jpg

キッチンはデザインしたオーダーのものです。面材は他の部分と同じものを使い、空間に調和させています。

新在家の家_013.jpg

北西の一番角にあり、窓を開けると近隣の住宅が迫っているため、上部にトップライトを設けて1階まで光を下ろしています。階段ホールはライトウェルでもあります。

新在家の家_016.jpg

外観の夜景

新在家の家_002.jpg

 
concept

平屋と2階建ての2つの棟があり、中庭を挟んで配置しています。2つの棟は渡り廊下でつながっています。平面図で見るとH型の形です。

南の平屋の棟は、コンクリート打ち放しの塀があり、道路から窓を見ることができません。

中庭も同じく南の棟により、よりプライシーが確保された外部空間です。

渡り廊下は中庭を2つに分かち、それぞれ趣の異なる外部空間としています。一つはリビングに面した見るための庭、もう一つはプライバシーの高い活動的な庭です。

リビングの奥にスケルトンの階段があります。

その上部のコーナーにトップライトがあり、北の空間に明るさをもたらします。



data 
・所在地:兵庫県加古川市
・用途:住宅
・設計、監理期間:2019年11月~2020年11月
・規模、構造:
 ①延べ面積:128.69㎡
 ②木造2階建て

・担当:川添純一郎建築設計事務所 山﨑道朗
・構造設計:ルート構造設計事務所
・施工:㈱須々木工務店

photo:冨田英次